アット・ニフティロゴ
【ログイン】

トピックス
ニュース

トップページ
ニュース
取材レポート
インタビュー
プレゼント

コンテンツ会員


杉並アニメーションミュージアム
日本動画協会

シネマトピックスオンライン







ブルーレイ&DVD発売記念「SUPERNATURAL: THE ANIMATION」GACKTアフレコ収録
(2011/01/20 22:08)

■世界初の海外ドラマのアニメ化、しかも日本から世界へ発信するという、スーパープロジェクト「SUPERNATURAL: THE ANIMATION スーパーナチュラル・ザ・アニメーション」に参加されるご感想は?
また、日本のアニメが世界に発信されるということについて、“日本人”、そして“クリエイター”して感じることをお聞かせください。

「スーパーナチュラルというドラマ、非常に大好きでこの大好きなドラマのアニメ化・・作品、そしてそのプロジェクトに参加できることが光栄だな、という事と、こういうプロジェクトって大人の本気の遊びなんかじゃないかなって僕はいつも思っていて、こういう遊びに本気で参加できるというのが何より嬉しい。本気の遊びに自分たちが、本気でモノをつくって、そしてその感動を届けるっていうきっかけを周りに広げていければと思います。」

■海外ドラマがお好きでSUPERNATURALもお気に入りの一つと聞いていますが、アニメ版をご覧になった感想と見どころをお聞かせ下さい。(アニメ版と実写版の違いや、共通の世界観など?)
※アニメ版がまだ見られていなければ観賞前の「期待」についてお聞かせください。

「実際、アニメ版とオリジナルとは若干違う所もあって、見どころっていうのはオリジナルを観た人でも楽しめるんじゃないかなって思います。
細かいことは、まだ何も言えませんが非常に面白いつくりになっていると思います。オリジナルの方もこの主人公2人が逆らえない運命に向かってどんどんもがきながら、謎を解決していく。自分たちの周りに起きる出来事を、超常現象や奇怪的な現象を解決していくという大筋は変わらないので、非常にアニメでは面白い表現が施されているので、是非ご覧になって下さい。」

■吹替えをしたアンディは、GACKTさんと正反対のタイプのキャラクターですが、演じてみていかがでしたか?感想をお聞かせ下さい。

「何をもって正反対っていうのか分からないですけど、こういう特殊能力を持つ苦悩とか、それを持ったことによって人から疎外されたりとかそんな中で初めて他者に自分の能力・自分自身を必要とされる喜びみたいなものを感じるこのキャラクターが非常に子ども的というか。姿、見え方は大人なんですけれども心の動き方が非常に子どもっぽい。そのキャラクターが非常に面白いんじゃないかなって。やっててそう思いました。」

■アーティスト・俳優・声優として大活躍のGACKTさんですが、それぞれの仕事への取り組み方は違うのですか?また、アーティスト・俳優・声優の中で一番難しいと感じるのはどのお仕事ですか?

「どの仕事も難しさっていうのもそれぞれ違っていて、どれが一番難しいって一言で言えないんですけど、とにかくこういう“声”でモノを届ける。声だけで、想いや、感情や、表情を届けるっていう仕事は僕は大好きで・・今までもたくさん声の仕事をさせてもらって誇りに思ってます。
ただ、演技と歌がまったく違うのかっていう話を結構されることがあるんですけれども、僕は基本的に歌を歌うことも、演技をすることもそんなに大きな違いがなくて、使ってる言語が違うっていう感覚なんかじゃないかって思ってやってます。日本語で演技をするのと英語で演技をするのとの違いで、どういう言語を使って相手に感動や想いを届けるかっていうのが、歌の場合はメロディの上に乗せる、そして声優だったり演技だった場合はもっと直接的なものだったりに変わっていくんですけれども、あまりそこには大きな違いはないんじゃないかなって思っています。」

■すでに世界を舞台に活躍されているGACKTさん。2011年は、まずこの「SUPERNATURAL: THE ANIMATION スーパーナチュラル・ザ・アニメーション」で、世界進出されますが、ほかに今年、お仕事で挑戦されることはありますか?また、プライベートで今年、挑戦したいことをお聞かせください。

「今ちょうど、舞台の真っ最中で、2月末までは眠狂四郎の舞台をずっとやってます。明日から仙台、そして凱旋公演で東京に帰ってきて、それが終わったらしばらく音楽漬けの生活をしたいなと思ってます。今年は全ヨーロッパを周ってヨーロッパツアーをもう一度一からしっかり築き上げていこうと。で、日本に帰ってきてしっかりまた、ライブを感動を届けたいなって思ってます。
プライベートで頑張っていること・・・趣味になるんですけど最近ヘリコプターの免許を取ろうかなって思ってて、ちょっと操縦の練習をしたりとか、がんばって乗れるようになりたいなって。自分のライブで自分のヘリに乗って降りてきたら面白いなって。そういうライブ見たことないんでやってみたいなって、そんな風に思ってます。周りからはアホかって言われます(笑)。まあそういうのも普通の人じゃできないんだろうなっていう事を、くだらないって思うことを実現させていきたいなって思います。」

■行ってみたい所は?

「自分で操縦して自分でゲレンデに言ってそのまま滑って下りたいなとか思います。僕スノーボードが大好きなんで、ヘリで行ってヘリで帰るっていうのをできたらいいなって前から思ってたんですけど、じゃあ免許とろっかな、っていうそんな感じです。」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
『SUPERNATURAL:THE ANIMATION <ファースト・シーズン>』2/23〜ブルーレイ&DVD Vol.1発売 税込980円  
発売・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ 
(c) 2011 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.


◆情報提供
Kプレス
[ Reported by Naomi Kanno ]


201101月のレポート一覧 次へ
<<2011年のレポート>>
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
過去のレポート>>
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
ANIME FAN に関するご意見・ご質問はこちらからお願いいたします。
| プライバシーポリシー | 会社概要 | サイトマップ | リクルート | Q & A |
© 1994-2017 ANIME FAN / FORUM OFFICE

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録

特定商取引法に基づく表示 個人情報保護ポリシー
Copyright© NIFTY 2017 All Rights Reserved.