アット・ニフティロゴ
【ログイン】

トピックス
ニュース

トップページ
ニュース
取材レポート
インタビュー
プレゼント

コンテンツ会員


杉並アニメーションミュージアム
日本動画協会

シネマトピックスオンライン







松本次郎原作『フリージア』特別披露試写会
(2007/01/16 22:40)

松本次郎の『フリージア』(月刊「IKKI」連載中)を、『鬼畜大宴会』『アンテナ』の熊切和嘉が大胆に脚色。なまぬるい空気に潜む、凶暴なエッセンス≠ナ読者を魅了した原作の世界観を背景に、命のやりとりこそが絆となる戦いのドラマ≠、リアルを徹底的に追求したガンアクションとスタイリッシュかつ情緒的なビジュアルで映画化した。
1/11(木)、映画「フリージア」の特別披露試写会が、スペースFS汐留にて行われた。
主演の玉山鉄二(26)をはじめ、西島秀俊(35)、つぐみ(30)、熊切和嘉監督(31)が登壇。

会場には、200人を越える観客が押し寄せ、舞台挨拶は立ち見もでる盛況となった。

作品の見どころをそれぞれ聞かれ、

「男同士の潔さが描かれたハードな内容ですが、熊切さん独特の映像と併せて楽しんで欲しいです。」と玉山。

「映画を観た方に、この映画がどういうものだったのかを聞いてみたいですね」
「皆さんにはどう届くのか。それに興味があります」と西島。

つぐみは、
「クランクインする前に監督から「敵討ち法には賛成ですか?反対ですか?」と聞かれて、賛成ですと答えました。家族や大切な方が傷つけられたら絶対嫌ですし・・・。ただ撮影を進めるうちに、それに疑問を感じるようになりました」
「いろんなことを考えながら観て欲しいです」と語った。

最後に熊切監督は、「この映画を楽しんで観て下さい。そこで何かを感じてもらえればと思います」と締めくくった。

また、映画「フリージア」では、現在豪華賞品が当たる国民投票キャンペーンを実施中!

「復讐の是非を問う」国民投票キャンペーンは下記URLから。


◆関連記事
国民投票キャンペーン
[ Reported by Yasuhiro Togawa ]


200701月のレポート一覧 次へ
<<2007年のレポート>>
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
過去のレポート>>
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
ANIME FAN に関するご意見・ご質問はこちらからお願いいたします。
| プライバシーポリシー | 会社概要 | サイトマップ | リクルート | Q & A |
© 1994-2017 ANIME FAN / FORUM OFFICE

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録

特定商取引法に基づく表示 個人情報保護ポリシー
Copyright© NIFTY 2017 All Rights Reserved.