アット・ニフティロゴ
【ログイン】

トピックス
ニュース

トップページ
ニュース
取材レポート
インタビュー
プレゼント

コンテンツ会員


杉並アニメーションミュージアム
日本動画協会

シネマトピックスオンライン







オーイシマサヨシ&鈴木このみの生歌でダンス「アニレゾ!!アニソンダンスバトル THE LIVE」レポート
(2016/09/03 02:56)

株式会社レーベルゲートは、運営する音楽ダウンロードサービス「mora 〜WALKMAN〜公式ミュージックストア〜」が提供する音楽番組「アニレゾ!!〜勝ち抜きアニソンダンスバトル〜」(TOKYO MX1毎週金曜25:35〜25:40)の特別編ともいえる内容で、番組に出場し個性的なパフォーマンスを披露した8人のダンサーを迎えて真の王者を決定するLIVEイベントを8月29日(月)に都内某所にて開催いたしました。

MC、ジャッジ、DJを担当したのは番組メインMCでもあるRAB(リアルアキバボーイズ)の5名。さらに今回は“世界初”の試みとして、アニソンシンガーによる生歌唱をバックにダンス対決を行うという趣向も凝らされました。ゲストアーティストにオーイシマサヨシと鈴木このみ。数々の大舞台を経験してきた二人にとっても自身のステージの目の前で即興ダンス対決が繰り広げられるというのは初めての試みとなりました。

「どのようなイベントになるのか…」という緊張感が会場にも出演者の間にも漂いながら開演時間に。イベント開始と共にステージの幕が開くと、ステージ上にはオーイシマサヨシとRABがスタンバイしており、代表曲「君じゃなきゃダメみたい」のコラボパフォーマンスで開幕。会場のボルテージは一気に最高潮に達しました。

その後ステージ上で8名のダンサーによる組み合わせ抽選を行い、ダンスバトルがスタート。世界初となる生歌唱でのダンスバトルに緊張も覗かせていた出演者でしたが、アニソンイントロが流れる度に会場は歓声に包まれ、普段のアニソンダンスバトル以上の動きを繰り出しました。

DJによる選曲はオーイシマサヨシと鈴木このみのカバー曲と持ち歌を織り交ぜた、このイベント限定のセットリストで、会場のボルテージを否応なしに引き上げていく。観客・ダンサー・歌唱、まさに三位一体となってひとつのエンターテインメントが立ち上がっていく様はまさに圧巻。テクニカルな面はもちろん観客を巻き込むエンターテインメント性や楽曲の展開に合わせたストーリー性、そして何よりダンサーによるアニソンへの熱い愛が考慮され、実力伯仲の名勝負が数多く生まれました。

アニソンシンガーの二人もダンスバトルがヒートアップするにつれ「自分もバトルしているような気持ちになってきた。奇跡を目の当たりにしています。」(オーイシマサヨシ)、「新境地を切り開けた気がします」(鈴木このみ)との熱い言葉もあり、終演後には「ぜひ大きな会場で共演を!」という力強い言葉も飛び出し、今後の展開にも期待が高まる内容となりました。

気になる勝敗のゆくえや“世界初”のエンターテインメント誕生の瞬間を収めた模様は、9月29日(木)25:40〜TOKYO MX1でオンエアいたします。
 ぜひ新たなカルチャーの息吹きを、みなさんもテレビの前で体感してください。


◆関連記事
<『アニレゾ!! 〜勝ち抜きアニソンダンスバトル!!〜』公式HP>
<RAB(リアルアキバボーイズ) 公式HP>
[ Reported by Yasuhiro Togawa ]


201609月のレポート一覧 次へ
<<2016年のレポート>>
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
過去のレポート>>
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
ANIME FAN に関するご意見・ご質問はこちらからお願いいたします。
| プライバシーポリシー | 会社概要 | サイトマップ | リクルート | Q & A |
© 1994-2017 ANIME FAN / FORUM OFFICE

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録

特定商取引法に基づく表示 個人情報保護ポリシー
Copyright© NIFTY 2017 All Rights Reserved.