アット・ニフティロゴ
【ログイン】

トピックス
ニュース

トップページ
ニュース
取材レポート
インタビュー
プレゼント

コンテンツ会員


杉並アニメーションミュージアム
日本動画協会

シネマトピックスオンライン







『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』:「電撃文庫 秋の祭典2016」 メインステージ イベント
(2016/10/04 23:35)

第15回電撃小説大賞<大賞>を受賞した川原礫氏による小説が原作となる、謎の次世代オンラインゲーム《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いたTVアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズ。2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、日本国内での累計発行部数は1,250万部を突破(全世界1,900万部)した大ヒットシリーズです。そして2度のTVアニメ化やゲーム化、コミカライズ、グッズ制作などを行っており、幅広くメディアミックス展開されています。そして2017年2月18日(土)、川原礫氏の完全書き下ろしによる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の公開が決定。世界中のファンがその日を待ち望んでいます。

この度秋葉原UDXにて、株式会社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス主催のイベント「電撃文庫 秋の祭典2016」のメインステージにてゲスト登壇のスペシャルトークイベントを実施致しました。イベントには本作のヒロイン・アスナ役の戸松遥、リーファ役の竹達彩奈、ユイ役の伊藤かな恵、シリカ役の日高里菜、リズベット役の高垣彩陽という、非常に豪華な顔ぶれが登壇し、満員の観客席には熱狂的なファンが詰めかけ非常に大きな歓声で迎えられました。

イベントでは本作を始め「ソードアート・オンライン」の最新情報を一挙に大公開し、ファンの方々を大いに盛り上げました。さらにゲストのソードアート・オンライン愛を試すクイズコーナーでは珍回答が続出し、特にアスナ役の戸松遥は終始会場を盛り上げることに専念し、最後までわざと間違えるというファンサービスに会場はその都度爆笑の渦に覆われました。

====================================
「電撃文庫 秋の祭典2016」概要
(主催:株式会社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)
○日時 :2016年10月2日(日)イベント開始:15:30(40分程予定)
○場所 :秋葉原UDX(東京都千代田区 外神田4−14−1)
○ゲスト:戸松遥(アスナ役)、竹達彩奈(リーファ役)、伊藤かな恵(ユイ役)、
     日高里菜(シリカ役)、高垣彩陽(リズベット役)
◯MC  :三木一馬(電撃文庫編集部)、 日高里菜(シリカ役・ゲスト兼MC)

◯登壇時の立ち位置:
下手 三木・日高   戸松、竹達、伊藤、高垣  上手
====================================

【ゲストコメント】
日高里菜(シリカ役):
本日はたくさんの方々にお越し頂き、本当にありがとうございます。前回に引き続き司会を務めさせて頂きましたが、とても楽しかったです。盛り沢山の情報をお伝え致しましたが、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』を楽しみにして頂けると嬉しいです。

高垣彩陽(リズベット役):
本日は本当にありがとうございます。『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』PVの最新映像を見て頂きましたが、今までと全く違い、現実世界でのARが舞台となっているので、作品のゆかりの地が現実にあるのが魅力です。『ソードアート・オンライン』の世界を楽しみにしてください。

伊藤かな恵(ユイ役):
本日はクイズも真面目に答えて、優勝できてとても嬉しいです。今回の『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は現実世界が舞台なので、私が演じるユイがどのように活躍するのか、アフレコがこれから始まるので台本をもらうのを楽しみにしています。本日は本当にありがとうございました。

竹達彩奈(リーファ役):
本日は遊びに来て頂き、本当にありがとうございます。『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の最新情報をお伝えさせて頂き、クイズも真面目に頑張って答えて優勝したので、とても素敵な前売り券を賞品で頂けて本当に嬉しいです。みんなで一緒に観に行きたいと思います。映画の公開を楽しみに待っていてください。

戸松遥(アスナ役):
本日は本当にありがとうございました。特報を見て頂きましたが、シリアスなシーンや日常の楽しそうなシーンなどの内容が少しでも伝えられたかなと思います。私も今日初めて第2弾特報映像を見ましたが、アフレコが早く始まれば良いなと楽しみにしています。ワクワク感を劇場で皆さんに伝えられるように、しっかり頑張っていきたいと思うので、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』を引き続き応援していただけたら嬉しいです。


201610月のニュース一覧 次へ

ANIME FAN に関するご意見・ご質問はこちらからお願いいたします。
| プライバシーポリシー | 会社概要 | サイトマップ | リクルート | Q & A |
© 1994-2017 ANIME FAN / FORUM OFFICE

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録

特定商取引法に基づく表示 個人情報保護ポリシー
Copyright© NIFTY 2017 All Rights Reserved.